一生で一番高い買い物「家」

≫≫≫ お金を借りるなら!おススメのカードローン・キャッシングはこちら ≪≪≪

お金を借りるならネットが楽!

私は幸いな事に普通の暮らしをするのであれば、お金を借りる事はありませんでした。 でも、主人が44歳の時に注文住宅で家を建てる事にしました。 私達が結婚し、第一子が生まれた時の主人の年齢は40歳、第二子が生まれた時は42歳でした。 子供達が成人する二十歳の時の主人の年齢は62歳です。

主人は普通のサラリーマンなので、60歳の時に退職が待っています。 子供達が大学へ進むのかどうかわかりませんが、まだまだお金がかかる時には既に無職になります。 そんな状態で、家を建てる事に不安がありました。

でも、ずっと賃貸に住んでいても家賃がもったいないと思っていたのも事実です。 第一子が小学校へ入学する前には、定住先を見つけようと家を建てる事にしました。 「家」は一生で一番高い買い物だと言われています。 いつかは家を建てようと頑張って頭金を貯めましたが、全額キャッシュでなんて無理に決まってました。

それでも、銀行などからお金をかりると利息だけで何年も払わなければならない。 毎日、毎日預金通帳とにらめっこをし、ちょっとでも利息を減らそうと考えました。

そんな時に両家の親が利息なしでお金を貸してくれる事になり、その好意に甘える事にしました。 もちろん全額借りる事はできませんでしたが、それでも助かりました。 今は生前贈与と言うものもありますが、そこまで両家は甘くはなかったけど。

銀行にお金を預けても利息なんて、ほんのわずかしかつかないのに、お金を借りるとなると10%も利息を取るんですから頭が痛いです。 これからも一生懸命節約生活に励み、両家&銀行に返済していきたいと思います。


前の記事 ≪≪≪

≫≫≫ 次の記事


≫≫≫ お金を借りる理由 TOP へ ≪≪≪


このページの先頭へ