キャッシングの基礎

キャッシングの基礎である、申し込み、審査、返済方法、金利について紹介します。

キャッシングの申し込み

キャッシング、つまり金融機関からお金を借りるには申し込みをする必要があります。 申し込みの方法はいくつかあるので、自分にあった申し込み方法を選びましょう。

1番確実な申し込み方法は直接店頭に出向く方法。 スタッフが目の前にいるので分からないことがあればすぐに質問、相談することができます。 キャッシングしようと考えている金融機関の店舗がすぐ近くにあれば出向いてみるのもいいと思います。 安心感もあるので、初心者の方にもオススメする申し込み方法です。

自動契約機から申し込みする方法もあります。 契約したその場でカードを発行してもらうことができるので、なるべく早くカードを発行したいといった方が多く利用しています。 「店頭に出向く」「自動契約機」、この2つがキャッシングの主な申し込み方法です。

最近では、パソコンやケータイからも申し込みが可能となってます。 パソコンからの申し込みはとっても便利で、すぐに利用限度額を知ることができます。 インターネット上なので申し込みは24時間いつでもOK! 人目が気になる人はパソコンから申し込むといいでしょう。

メジャーな方法ではありませんが郵送で申し込みする方法もあります。 効率を考えるとやっぱり店頭に出向いて申し込みしたり、パソコンで申し込む方がよさそうです。

キャッシングの申し込みに必要なもの・・・「収入証明書」「身分証明証」「口座番号」「印鑑」など。 身分証明証は健康保険証・パスポート・運転免許証の内、1点必要。住民票はNGです。 口座番号は申し込みの際に準備しておくとベスト。

調べればすぐに分かることですが、よりスピーディーに申し込みをするために事前に番号をひかえておきましょう。 契約書への捺印に印鑑を使用します。収入証明書は借り入れが50万円を超える場合必要となります。 それ以下の通常キャッシングの場合はほとんど必要ありません。 給与明細・源泉徴収票などのコピーがあれば大丈夫です。

※ お断り
当サイト(http://cherubims.ciao.jp/)は、以前、「動物たちを守る会ケルビム」というサイトだったようですが、現在の運営サイト「お金を借りるならココ!」との関係はありません。 ご理解のうえよろしくお願いいたします。

お金を借りるための用語集

キャッシング用語集を作ってみました。

 < あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 >

お金を借りることへの体験談や意見

このページの先頭へ